-
mixiチェック

内臓からくる腰痛解説

■2017/10/10 内臓からくる腰痛解説
FB MEDEYより。

骨や筋肉などの病気とありますが、腰に負担がかかっているから病気になるのです。病気になっているからぎっくり腰になるワケではありません。

『骨や筋肉などの病気
腰の周りの骨や筋肉に炎症などが起こると痛みの原因になり腰痛が起こります。腰痛椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、脊椎分離症、椎間板炎などがぎっくり腰以外の腰痛の原因として知られています。
背骨の病気の中で以下の条件に該当する場合は特に注意が必要とされています。
 
  • 年齢:20歳未満、56歳以上 
  • 時間や活動性に関係のない腰痛 
  • 胸部痛 
  • がん、ステロイド、HIV感染の既往 
  • 栄養不良 
  • 体重減少
  • 広範囲に及ぶ神経症状
  • 構築制脊柱変形
  • 発熱
 
上の条件は日本整形外科学会・日本腰痛学会が作成した腰痛診療ガイドラインでred flags(危険信号)として示されている条件です。

red flagsに該当しない場合でも治療に急を要する病気が隠れている可能性があります。病気の重大さは症状を中心にして調べます。神経根症状と総称される、以下のような症状には注意が要るとされます。
 
  • 腰痛よりも片側の下肢の痛みが強い
  • 腰痛に加えて足やかかとにも痛みがある
  • 同じ部位に痺(しび)れと感覚麻痺神経の障害により、手足などに十分な力が入らない、感覚が鈍くなるなど、身体機能の一部が損なわれることがある
  • 下肢伸展挙上テストの陽性
神経根は脊椎背骨のこと。神経根に圧迫が起こると上に示した神経根症状が現れます。これ以外では排尿や排便ができなくなる症状(膀胱直腸障害)があるときには緊急での治療が必要です。

血管の病気
血液は心臓から送り出されて大動脈という血管を通って体の隅々まで行き渡ります。大動脈は背中側にあります。
大動脈の壁が裂けてしまう病気があり、大動脈解離といいます。大動脈解離が起こる場所によって痛みが腰痛として自覚されることがあります。大動脈解離による痛みは急に起きます。突然起こるという点がぎっくり腰と似ています。大動脈解離の腰痛は時間が経過すると痛む場所が変わっていきます。多くの場合は少しずつ頭側に痛む場所が移動していきます。
大動脈解離は高血圧や加齢による血管の硬化などが原因だと考えられています。大動脈が膨らんでこぶができたような状態になる腹部大動脈瘤も腹痛の原因になります。
大動脈解離や腹部大動脈瘤は速やかな対応が必要なことが多いです。ぎっくり腰とは異なり痛み以外にも意識消失や吐き気などの症状を伴うことがあります。痛み以外の症状があるときには速やかに医療機関を受診してください。

胃や腸の病気
胃や腸の病気の症状で多いのは腹痛ですが背中側に病変があったり炎症などが及ぶと腰痛として症状が現れることがあります。
胃や十二指腸には潰瘍という病気ができることがあります。胃・十二指腸潰瘍といいます。潰瘍は壁にできるクレーターのようなくぼみです。潰瘍が神経のある層に達すると胃酸などにより痛みが起きます。背中側に潰瘍ができると腰痛が現れることがあります。
大腸に炎症が起こると腰痛の原因になることがあります。大腸に小さく飛び出した部分が出来て便などがたまり感染を起こす大腸憩室炎などが代表的な病気です。背中よりの場所で炎症が起こると腰痛として自覚することがあります。
胃や腸の病気の腰痛はぎっくり腰とは異なり動けないほどの痛みがあることはまれで痛みが続く時間も短時間です。みぞおちあたりに気持ちの悪い感じがあったり発熱などを伴うときの腰痛の原因は胃や腸の病気が原因かもしれません。

膵臓や胆のうの病気
膵臓は背中側にある臓器です。膵液という消化液を分泌して食べ物の消化する役割の一部を担っています。膵臓に炎症が起こると膵液が周りに影響して強い痛みの原因になります。痛みは時として腰痛として自覚されることがあります。膵炎には急性膵炎と慢性膵炎があり症状は似ているとこともあります。ぎっくり腰とはことなり突然強烈な腰痛が起こることは少ないです。膵炎は深刻な状態になることがあります。腰痛以外にもみぞおちの痛みなどがある場合には膵炎も頭に入れて対応する方が望ましいです。
胆管炎や胆のう炎は胆汁の通り道で起こる炎症です。胆管炎や胆のう炎は胆石などが原因で胆汁の流れが悪くなることで起こります。胆のう炎や胆管炎は発熱を起こすことが多く腰痛とともに右の脇腹が痛むことが特徴的です。

腎臓や尿管の病気
腎臓は血液から尿を作り出します。尿管は腎臓で作られた尿を膀胱(ぼうこう)に運ぶ管の形をした臓器です。
腎臓や尿管は背中側にある臓器です。腎臓や尿管に病気が起こると腰痛の原因になります。腰痛の原因となるのは腎臓と尿管のつなぎ目である腎盂が拡張する水腎症や、腎盂に炎症が起こる腎盂腎炎、尿の成分が固まった尿管結石などです。
なかでもぎっくり腰の症状と似ているのは尿管結石です。尿管結石は突然の腰痛で発症すること多くその痛みはかなり強いです。尿管結石はたいていの場合血尿が現れます。尿管結石と腎盂腎炎を併発して発熱などがある場合には緊急での治療が必要なことがあります。

子宮の病気
子宮の病気も腰痛の原因になることがあります。子宮筋腫や子宮内膜症では月経(生理)のときなどを中心に腰痛が現れます。病状によっては強い腰痛が症状のこともあります。
月経周期に関係があるタイミングで腰痛が現れたり月経血が多い(過多月経)場合は腰痛の原因は子宮筋腫や子宮内膜症かもしれません。』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
田中スポーツ医学研究所
http://t-sik.com/
メール会員はこちらから
http://t-sik.net/
(院の情報や健康情報を配信しております。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:静岡県浜松市中区城北1-2-6
TEL:053-479-5258
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/s3Qx
Twitter:http://p.tl/FwQT
mixi:http://p.tl/Ybdz
ameblo:http://p.tl/aANL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
ページトップへ戻る

HOME 所長ご挨拶 治療内容 筋整復法 よくあるご質問 アクセス案内 お知らせ 所長のブログ