-
mixiチェック

食 青梅がいいらしい

■2017/05/17 食 青梅がいいらしい
FBリズムより。

そろそろ出回るころですね。作り方はクックパッドをご覧ください。

『自家製シロップで毎日摂取。甘酸っぱい「青梅」の驚くべき美容効果

初夏の頃から店頭に並び始める青梅。実は、血液をサラサラにし、肌を綺麗に整えるなど、美容にとってもよい食品なのです。梅に含まれるクエン酸は、夏バテ予防にも最適。そんな青梅の美容効果についてご紹介します。

カルシウムの吸収促進でダイエット

青梅に含まれるクエン酸は、カルシウムの吸収を促進します。女性はホルモンの影響でカルシウムが不足しやすいので、魚や乳製品など、カルシウムの豊富な食品と一緒に食べて、しっかりカルシウムを吸収しましょう。

カルシウム不足はホルモンバランスを乱し、痩せにくい身体にしてしまいます。痩せやすい身体をつくるためにも、青梅を摂取してカルシウム不足を防ぎましょう。

老廃物を溜めずに美肌になる

青梅のクエン酸は、老廃物を排出する効果があります。つまり、デトックスにいいということです。内臓の調子をよくする効果もあるので、体調が整い、新陳代謝の乱れも改善されます。

アンチエイジングにも効果

梅の甘酸っぱい香りを想像しただけでも、唾液がたくさん出てきませんか?この唾液、実はアンチエイジングの効果があるそうです。唾液にはパロチンという若返りホルモンが含まれるので、肌のターンオーバー促進に役立ちます。

梅自体はアルカリ性の食品です。そのため、酸性に傾きがちな体内の細胞を中和してくれます。細胞が中和されると、シミやシワが抑制されるなど、老化防止につながります。

血行促進で冷え性の改善にも

梅を加熱すると、ムメフラールという成分が発生します。この成分は、血行促進に役立ち、冷え性の悩みをしっかり改善してくれるのです。加熱して、梅ジャムなどにするといいですね。

旬の季節なら、ぜひ手作りの青梅シロップを

青梅は毒性があるため、梅干しなどの加工品にして摂取します。しかし、梅干しは塩分が多いため、美容・健康面では少々心配ですよね。

一方、青梅のシロップ漬けなら、お湯で割って飲んだり、料理に使ったりできるので、毎日でも取り入れやすくなります。市販のものもいいですが、青梅が手に入る季節なら、ぜひ、自分でシロップ漬けを作ってみてはいかがでしょう?

文:杉浦優子』

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
田中スポーツ医学研究所
http://t-sik.com/
メール会員はこちらから
http://t-sik.net/
(院の情報や健康情報を配信しております。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:静岡県浜松市中区城北1-2-6
TEL:053-479-5258
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/s3Qx
Twitter:http://p.tl/FwQT
mixi:http://p.tl/Ybdz
ameblo:http://p.tl/aANL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
ページトップへ戻る

HOME 所長ご挨拶 治療内容 筋整復法 よくあるご質問 アクセス案内 お知らせ 所長のブログ