-
mixiチェック

運動しても筋肉は疲れない?

■2017/04/17 運動しても筋肉は疲れない?
運動しても筋肉は疲れない?
FB日経Goodayより。

最近疲労の研究ではこう言われています。

『運動をしたとき、体の中で最も疲れているのはどこ?

クイズで学ぶ「脳疲労」
「脳疲労」に関する問題

【問題】長時間ジョギングをした後に「疲れた」と感じる時、体の中で最も疲れているのは筋肉である。これはホント? ウソ?
(1)ホント
(2)ウソ


 正解は、(2)ウソ です。


デスクワークでも運動でも、一番疲れるのは「脳」

 長時間ジョギングをしたり、営業で走り回ったり、四六時中座りっぱなしでデスク作業をするなどして「疲れた」と感じたとき、体の中のどこが最も疲れているのでしょう。

 「デスクワークだと脳だろうけど、運動の後なら、そりゃ筋肉でしょう」。そんな意見が大半を占めそうですが、「実は、両者の疲れは同じで、どちらも『脳』の疲れです」と、東京疲労・睡眠クリニックの院長・梶本修身さんは話します。

 運動を始めると、自律神経の働きにより、数秒後には心拍が上がって、呼吸が速く大きくなり、やがて汗をかきます。これを運動中休むことなくコントロールしているのが、脳の中にある中枢(視床下部や前帯状回)です。だからこそ、運動をしたとき、脳は体のどの部分よりも疲れるのだと梶本さんは話します。

 「運動時に起こる疲れは、運動で酷使しているはずの筋肉の疲労ではなく、多くは脳疲労です。運動を続けていると自律神経に疲労がたまり、あたかも筋肉疲労を起こしたかのようなアラームを発して運動をやめさせようとします。それが筋肉の疲労として感じられるのです」(梶本さん)

 実際、梶本さんは以前、96名の健康な人を対象に、運動時や、デスクワークなどの精神作業時に、どこにどのくらい疲労が生じているかを計測する負荷試験を行ったことがあります。その結果、スクワットなどの筋肉をいためつけるような一部の激しい運動を除いて、自転車こぎやジョギングなどの有酸素運動を4時間やった程度では、筋肉はほとんどダメージを受けないという結果が出ました。

 自律神経に蓄積される疲れの要因は、一言で言うと「細胞のサビ」だといいます。運動が激しくなると、自律神経の中枢での処理が増え、その結果、体内で活性酸素が発生します。これにより脳細胞が酸化ストレスにさらされ、自律神経の機能が低下する。この状態が「疲労」につながるわけです。

 私たちが日常「体が疲れた」と感じるときは、実は「脳が疲れた」状態だった―。その意外な事実や、疲れた体が発する警告である「疲労感」の正体、疲れの解消法、疲労専門クリニックで受けられる検査について、こちらの記事で詳しく解説しています。

◆疲れのマネジメント術
明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった』



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
田中スポーツ医学研究所
http://t-sik.com/
メール会員はこちらから
http://t-sik.net/
(院の情報や健康情報を配信しております。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:静岡県浜松市中区城北1-2-6
TEL:053-479-5258
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/s3Qx
Twitter:http://p.tl/FwQT
mixi:http://p.tl/Ybdz
ameblo:http://p.tl/aANL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
ページトップへ戻る

HOME 所長ご挨拶 治療内容 筋整復法 よくあるご質問 アクセス案内 お知らせ 所長のブログ